橋のある風景 <橋のある風景を描く、主役と脇役>

 浅草の吾妻橋を描いた。この作品は10/1から開催する五十嵐吉彦個展に原画を展示し、会場で手渡す礼状にも採用した作品です。この作品の場合、主役はあくまでも 赤い吾妻橋であり、後のビル群は脇役であります。このため橋はしっかりと描き、後のビルはスピーディにラフに描いて主役を目立たせる様にした。



戻る